臓器移植とは 〜「移植医療」に関してのメッセージなど〜


>>「移植医療って何?」
>>日本の移植はなぜ少ないか
>>移植医療の現状
>>ネットワークのシステム
>>移植後のQOL(生活の質)
>>臓器移植Q&A

移植医療って何?

臓器移植は病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった方に、他の方の健康な臓器を移植して機能を回復させる医療です。
現在行われている移植医療には、大きく分けて臓器と組織の移植があります。
臓器の提供は、亡くなった方からと生きている家族からの二つの方法があります。
亡くなった方から提供を受ける臓器に、心臓、肝臓、肺、腎臓、膵臓(すいぞう)、小腸など があります。
臓器提供は脳死下と心停止下の二通りがあります。脳死でしか提供できないのは心臓、肝臓、 肺、膵臓、小腸などです。心臓以外は心停止後でもできないことはありませんが、かなりむず かしいようです。腎臓や膵臓(膵島)、眼球は心停止後でも提供可能です。心停止後といっても事前に処置が 必要です。
家族など生きている方から提供できる臓器は、日本でも、世界でも一番沢山行われている腎臓と、世 界的には少ないですが、例外的に日本で多く行われている肝臓、そして肺と膵臓があ ります。
腎臓は誰でも二つ持っていて、一つでも普通の生活を送るに支障がないことから片方の腎臓を 提供します。
肝臓は部分的に切取り移植をします。肝臓は再生作用が強く1年ほどで、また支障のない大きさに戻ります。
肺は二人の人から少しづつ提供を受けます。なぜなら肝臓と違い再生しないからです。膵臓も再生しません。
組織移植は、角膜、皮膚、心臓弁、内耳、骨など多くの種類があり、亡くなった後 でも希望すれば、ほとんど提供で来ます。角膜については、アイバンクに登録されている方も多いと思います。皮膚はやけどの治療に、心臓弁は人工の弁より移植後の結果は良いとのことです。内耳や骨も多くの方が必要としています。
その他生きているときに提供できるものに骨髄移植があります。また輸血も移植の一種です。
こうした臓器や組織の提供は、物質的には全く見返のない善意に基づいた行為です。
そして提供するか、しないかは誰からも強制されるのでなく、自己の選択によって決定されな ければなりません。
日本で臓器の移植希望登録をしている人は、おおよそ1万3千人いますが、臓器の提供が少なく、多くの方が移植を待ちながら亡くなられています。法律が改正され本人意思が不明の時は家族の同意で提供できるようになり15歳未満の子どもも提供可能になりました。今私たちひとりひとりが、臓器提供について考え、日ごろから家族と話し合い、自分の意思を示しておくことが大切です。

 このページのトップへ →トップページへ  

Copyright (C) 2006 Japan Transplant Recipients Organization  All Rights Reserved.